Make a detour

寄り道できる余裕を。大学生活とポケモンをちょこちょこと。

  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ポケモン】雨グッドスタッフパーティ

32人規模の大会で優勝、64人規模の大会で準優勝することができたので、使用していたパーティを書こうと思います。

雨パテ画像

■ニョロトノ@拘りスカーフ
ハイドロポンプ/冷凍ビーム/気合球/どくどく
パラメータ:167-*-105-139-121-125
A205珠持ちドリュウズの地震確定1発耐え
最速バンギラス+1までS調整し、残りをC

とあるブログに載っていた調整を使用させて頂きました。
拘りスカーフを持たせ耐久調整させることで、砂状態のドリュウズに対して後出しから倒せるようにしてあります。
パーティの構成をみてもらうとわかる通り、相手のハッサムが重い感じがしたので、ハッサムへの打点としても雨ドロポンは有効でした。
外しがこわいために波乗りを採用する人もいるようですが、やはりなるべく相手ハッサムに負荷をかけていく必要があったためにハイドロポンプを採用しました。
どくどくは相手ソーナンスやブルンゲルへの打点として。
保険のつもりで気合球を採用していますが、この2大会、フレンド対戦通じて1度も使うことはありませんでした。
ですので、気合球をめざめるパワーや滅びの歌、波乗り等にかえてみてもおもしろいかと思います。

■ラティアス@拘りメガネ
流星群/サイコショック/波乗り/雷
パラメータ:173-*-118-137-151-178
C182珠持ちゲンガーのシャドーボール確定1発耐え
A177珠持ち1段階Aが上がったギャラドスの氷のキバ耐え
A181珠持ちテラキオンのストーンエッジ電光石火耐え

このパーティのエースになります。ニョロトノで雨を降らせたあとに拘りメガネからの高威力の波乗り、雷で相手のパーティに負担をかけていきます。
ハッサム同様に相手のローブシンが重かったので、後出し回数の確保を優先してラティオスではなくラティアスを採用しています。
調整自体は結構前にしたものなので、少し無駄があるかもしれません。
このパーティの強みの一つはニョロトノラティアスという選出をしたときに、ニョロトノのドロポンとラティアスの雨波乗りと雷で相手のメタグロスを腐らせることができるというところにあると思います。
サイコショックはラッキーハピナスやカビゴンなどへの打点として採用しています。

■ナットレイ@食べ残し
パワーウィップ/ジャイロボール/宿木の種/守る
パラメータ:181-114-152-*-184-40
慎重HD振り

主に相手雨パーティ対策として採用。せいかくを慎重にした理由は特にありません。
ジャイロボールを採用するのであったらSに下降補正をかけたせいかくの方がよかったかもしれません。
補完のつもりで採用したナットレイでしたが、思いの外一番活躍したポケモンかもしれません。
相手ラティ受けの安定感、相手拘り鉢巻もちナットレイに後出しできるという点において特に活躍したように思います。
ジャイロボールと電磁波は選択でしたが、相手ラティへの遂行速度の速さを優先してジャイロボールで使用していました。
ニョロトノで雨を降らせたあとであれば、交代読みのめざめるパワー炎や、ドラゴンポケモンからの不一致炎技などは一度受けることができ、そこから宿木やジャイロで対抗することができます。
ラティアスの波乗り、雷と同様にニョロトノといいシナジーを発揮できるポケモンでもありました。

■テラキオン@命の珠
インファイト/ストーンエッジ/電光石火/身代わり
パラメータ:167-181-110-*-110-176
陽気AS振り

パーティ全体として、相手のサンダーを一撃で倒せる、圧力をかけられるポケモンがいなかったために採用。
また、天候変化を狙って選出されやすい相手バンギラスに対してもうまく交代読み交代や、死に出しから出すことによって身代わりを残しやすく、アドバンテージを稼ぎやすかったです。
持ち物に関しては個人的に気合の襷はあまり好きでないアイテムなので、命の珠を持たせています。
等倍以上で技が当たれば大抵の相手に大ダメージを与えることができます。
Cギアオン乱数時代に12時間以上かけて捕まえたポケモンでもあるので、個人的に思い入れの強いポケモンでもあります。

■ヒードラン@ヨプのみ
大文字/竜の波動/どくどく/挑発
パラメータ:185-*-126-164-126-141
C182拘りメガネ持ちラティオスの波乗り耐えまでHを振り、S最速確保、残りC

相手ナットレイ、ハッサム、ウルガモス、ユキノオーへ圧力をかけるために採用。
ヒードランのストーンエッジはウルガモスピンメタとなってしまい、あまりにも汎用性に欠けてしまうので、採用は見送り。ラッキーグライオンエアームドなどの受けループパーティに圧力をかけられるように、というのが一番の狙いでした。そのためにどくどく、挑発を採用しています。
厳密にはストーンエッジがないとラムのみ持ちのウルガモスに苦戦してしまい、誤魔化し程度にしかなりませんが、それでも大会中はどうにかなってきた印象です。
持ち物のヨプのみですが、相手ヘラクロスに対して対面から勝てるポケモンがニョロトノしかいなく、あまりにもヘラクロスに対して薄すぎるということで持たせています。
また、一応ローブシンにも大文字1回ぐらい打てるようにはなりますし、相手ボルトロス、ゲンガーの気合球も持ち物に関係なく1回は受けることができます。

■ボルトロス@達人の帯
10万ボルト/めざめるパワー氷/蜻蛉返り/電磁波
パラメータ:169-*-102-150-101-179
A194ヘラクロスのストーンエッジまで確定1発耐え
C200ラティオスの流星群確定1発耐え

今では有名な調整の帯ボルトロスです。一番の強みは相手ガブリアスやラティオスと対面したときに、HP満タンの状態であれば考えなしに突っ張ることができる点。
蜻蛉返りからの相手のアイテム候補の絞り出しができますし、こちらのナットレイやヒードランにつなぐことができます。
相手のラティハッサムや、ロトムハッサムというハマってしまうと厄介な組み合わせに対しても、両方に打点を持っていることから圧力をかけることができます。
挑発を採用したいがために、ボルトチェンジ/めざめるパワー氷/電磁波/挑発という組み合わせも考えましたが、やはりラティオスへのダメージソースがめざパ以外にも欲しいというところから、挑発の採用は見送りました。
使用していて挑発があればもっと楽に戦えたという試合がたくさんあったので、電磁波を抜いて挑発を採用してみてもいいかもしれません。電磁波を採用した理由に関しては、相手スカーフヘラクロスや、バシャーモのSを落としたかったから。さきほど書いたように、ヘラクロスやバシャーモをしっかり受けられるポケモンがいないために、上から叩くしかなく、電磁波はそのサポートのためです。


雨グッドスタッフパーティと書いたのは、キングドラという雨が降っていれば強いポケモンを軸にするのではなく、極力天候やサポートと関係なしに6体が各々動けるようにということを念頭に置いて組んだパーティだからです。
狙いの通り、ニョロトノを毎回選出していたというわけでもなく、ニョロトノを選出しても必ずラティアスやナットレイと組み合わせて選出していたわけでもなく、相手のパーティに対して働けそうな3匹を毎回選出することができたかなと感じています。いわゆるニョログドラやカバドリ、バンギドリというパーティでは、相手の選出を縛ることができるわけですが、場合によっては自分の選出を縛ってしまい窮屈になってしまうことがあるように思います。
選出する際にあまり窮屈になりたくなかったので、自分には合っていたパーティだったのかもしれません。

このパーティを使用して一番感じたのは、ナットレイは食べ残し持ちこそが強いということでした。


スポンサーサイト

 | HOME | 

■ プロフィール

さくら

Author:さくら
趣味は読書とポケモン。一応ニコニコ動画で生放送やってます。

是非コメントしてってください!

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

■ カウンター

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。