Make a detour

寄り道できる余裕を。大学生活とポケモンをちょこちょこと。

  • 06 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日記】100円ローソンの"では"さん

今住んでる部屋に3月の上旬に引っ越してきたので、丁度4カ月を過ぎたころですね。
近くに100円ローソンがあります。マカロニサラダやらコロッケやら冷凍食品やらとにかく大体の物は100円で売っている素晴らしい店です。もちろん中には100円ではない商品もあるわけですが。お米とかおーいお茶の2ℓペットボトルとか。
料理のできないぼくは白米は自分で炊いて、おかずのコロッケとかサラダとかはこの100円ローソンで買うことが多く、ほとんど毎日通っているわけです。
すると、だんだん店員の顔がわかってくるわけです。無愛想な外国人店員もいますし、パートのおばさんらしき人もいますし、長い間この店で働いてるんだろうなあと思うような人もいます。
そんな店員の中でもひときわ輝くおもしろい店員がいることに気付いたわけです。
ぼくは陰で一人で彼をこう呼んでいます。

100円ローソンの"では"さん。

なんでかっていうと、
「いらっしゃいませー。ではー商品をお預かり致します。」
「ではー×××円頂戴致します。」
「ではーもしよろしければお箸もおつけ致しますが?」
「ではー×××円お預かり致します。」
「ではー×××円のお返しになります」
「ありがとうございましたー。」

何か話す毎に絶対"ではー"がつくわけです。最初は気になりませんでした。
けどこっちも毎日通ってるわけですから、だんだん耳につくわけです。
人の口癖ってのは本人も意外ときづかないことが多く、けど他人からするとすごく気になるものです。
学校の先生にも口癖ってのはあって、小中学生の頃に友達と授業中にその口癖を数え合ってたりってこともしたような気がします。
誰かが指摘してあげれば少しずつよくなるのかもしれませんが、客のぼくが指摘するのもおかしな話。
しばらくの間は"では"さんの様子を観察してみることにします。
対応も丁寧なんだよ。慣れてるようにみえるんだよ。けど惜しい。惜しいわな。"では"さん。

ではーお風呂いってきます。
スポンサーサイト

 | HOME |  »

■ プロフィール

さくら

Author:さくら
趣味は読書とポケモン。一応ニコニコ動画で生放送やってます。

是非コメントしてってください!

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

■ カウンター

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。