Make a detour

寄り道できる余裕を。大学生活とポケモンをちょこちょこと。

  • 02 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ポケモン】第二回CCS 全試合対戦ログ

時間が経ってしまうと記憶が薄れてしまうので、対戦ログを書きとめておきます。
せっかく試合中にメモとったしね。各ターン左に書いてある方から行動しています。

僕が入ったブロックは梓ブロックでした。どうでもいいことですが、大会前に企業から書類選考通過、面接日程調整の電話が入り、テンションが上がり、ポケモンどころの気持ちじゃなくなりましたw

対リリーさん ×
こちら:ブルンゲル バンギラス ドリュウズ
相手:カバルドン ドリュウズ ラティオス(ハッサム ボルトロス バシャーモ)


カバルドン-ブルンゲル対面
T1 ブルンゲル:しおふき カバルドン:瀕死→ラティオスへ
ラティオス-ブルンゲル対面
T2 ラティオス:ドリュウズへ交代 ブルンゲル:バンギラスへ交代
ドリュウズ-バンギラス対面
T3 ドリュウズ:みがわり バンギラス:ドリュウズへ交代
ドリュウズ-ドリュウズ対面
T4 ドリュウズ(こちら):地震 ドリュウズ(相手):地震 こちらドリュウズが襷で耐えます。
T5 ドリュウズ(相手):じしん ドリュウズ(こちら):瀕死→ブルンゲルへ
ドリュウズ-ブルンゲル対面
T6 ドリュウズ:みがわり ブルンゲル:シャドーボール(急所) みがわり壊れます。
T7 ドリュウズ:じしん(急所) ブルンゲル:瀕死→バンギラスへ
ドリュウズ-バンギラス対面
T8 ドリュウズ:じしん バンギラス:瀕死

初めての対戦オフでの試合、初めてのリーグ戦とのことで、勝ち進むために、波に乗るためにはこの試合が一番大切だと思っていました。
それでもブルンゲルが地震急所で落ちてしまい、結果負けてしまいました。勝ち星発進でいきたかったところ。
相手のドリュウズに対してこちらのドリュウズを投げていますが、こちらのドリュウズが最速襷持ちとのことで、ドリュウズが選出された際はこうするというビジョンで選出したため、個人的には特に問題ありませんでした。
結果的にはカバルドンの選出が正解でしたが、確かボルトロスの選出を意識してのドリュウズ優先選出という感じではあったと思います。
眼鏡ブルンゲルのシャドーボールなので、急所引かなくても身代わりは割れたはず。

対あきらごんさん ×
こちら:カバルドン ラティオス ヒードラン
相手:ブルンゲル ガブリアス ?(後からの話だとマンムー)(サザンドラ キノガッサ ナットレイ)


ブルンゲル-カバルドン対面
T1 ブルンゲル:シャドーボール カバルドン:ラティオスへ交代→ラティオス瀕死→ヒードランへ
ブルンゲル-ヒードラン対面
T2 ブルンゲル:ガブリアスへ交代 ヒードラン:みがわり
ガブリアス-ヒードラン対面
T3 ガブリアス:じしん 身代わり壊れる ヒードラン:めざめるパワー
T4 ヒードラン:カバルドンへ交代 ガブリアス:じしん(急所) カバルドンのHPが約半分に。
ガブリアス-カバルドン対面
T5 ガブリアス:じしん カバルドン:なまける
T6 ガブリアス:じしん カバルドン:なまける
T7 ガブリアス:じしん カバルドン:じわれ(ヒット) ガブリアス瀕死→ブルンゲルへ
ブルンゲル-カバルドン対面
T8 ブルンゲル:なみのり カバルドン:瀕死→ヒードランへ
ブルンゲル-ヒードラン対面
T9 ヒードラン:どくどく ブルンゲル:なみのり ヒードラン瀕死

1戦目負けているだけに、ここを負けてしまうとズルズルといってしまいそうな雰囲気。
相手のパーティに苦手なポケモンが多く、非常に選出がしづらい。
特にマンムーがきつい。襷マンムーに対面勝負で勝てるポケモンがいないことに気付き、ここにきてパーティの欠陥を発見。
つららばりが2発程度に抑えられればなんとか対面勝負で勝てそうなカバルドンを先発に。というか初手マンムーに対応するにはこれしかなかった。
先発にカバルドンの選出が縛られている以上は、初手でキノガッサ、ナットレイがきてしまった時に、リカバーの効くように選出する必要があり、寝言持ちラティオス、ヒードランという選出。
ところがどっこい、読まれたかのごとくブルンゲル登場からの後退際のシャドーボール。ラティが落ちた時点でブルンゲルを止める術がなく、負け確定。
完敗した一戦でした。

~お昼休み~
すでに2戦負けているために、お通夜ムドーというよりは、お開きモードw
同じく負け越している人もいてなんとなく安心。ほも弁でカツ丼食べました。

対ココノエさん ○
こちら:バンギラス カバルドン ブルンゲル
相手:パルシェン ラティオス ローブシン(バンギラス カイリュー ナットレイ)


パルシェン-バンギラス対面
T1 パルシェン:ローブシンへ交代 バンギラス:ブルンゲルへ交代
ローブシン-ブルンゲル対面
T2 ブルンゲル:バンギラスへ交代 ローブシン:ラティオスへ交代
ラティオス-バンギラス対面
T3 ラティオス:トリック 相手メガネとこちらハチマキの交換 バンギラス:ストーンエッジ ラティオス残りHP赤に
T4 ラティオス:パルシェンへ交代 バンギラス:ストーンエッジ(外れ)
パルシェン-バンギラス対面
T5 バンギラス:ブルンゲルへ交代 パルシェン:からをやぶる 砂ダメで襷持ちであればパルシェンの襷が潰れます
パルシェン-ブルンゲル対面
T6 パルシェン:からをやぶる ブルンゲル:シャドーボール パルシェン瀕死→ラティオスへ
ラティオス-ブルンゲル対面
T7 ラティオス:ローブシンへ交代 ブルンゲル:カバルドンへ交代
ローブシン-カバルドン対面 ローブシンのかえんだま発動
T8 ローブシン:なげつける カバルドン火傷 カバルドン:こおりのキバ
T9 ローブシン:ドレインパンチ カバルドン:じわれ(外れ)
T10 ローブシン:ドレインパンチ カバルドン:瀕死→ブルンゲルへ
ローブシン-ブルンゲル対面
T11 ブルンゲル:シャドーボール ローブシン:瀕死→ラティオスへ
ラティオス-ブルンゲル対面
T12 ラティオス:りゅうのはどう ブルンゲル:シャドーボール ラティオス瀕死

釣り交代がうまくいった試合でした。大会振り返っても満足のできる試合運び。
選出も予想が当たってくれました。エッジを外したときは焦りましたが。
2ターン目の釣り交代ですが、ラティオスかナットレイが出てくるということを読んでの交代でした。
どちらが出てきても打点を確保できるようにという狙いでした。ナットレイが選出されていたときの方がきつかったように思います。バンギラスに後出しが効きそうなポケモンがローブシンだけだったように思ったので、ローブシンの選出は確定と読み、そこへブルンゲルを合わせてアドを稼ぐという大まかな試合前の狙いでした。
なにはともあれなんとか1勝。全敗がなくなったということで、ここでかなり安心したように思います。

対グレンさん ○
こちら:ヒードラン ラティオス カバルドン
相手:ハッサム ブルンゲル ガブリアス(バンギラス キノガッサ ボルトロス)


ハッサム-ヒードラン対面
T1 ハッサム:ガブリアスへ交代 ヒードラン:みがわり
ガブリアス-ヒードラン対面
T2 ガブリアス:じしん みがわり壊れる ヒードラン:めざめるパワー(急所) ガブリアス瀕死→ブルンゲルへ
ブルンゲル-ヒードラン対面
T3 ヒードラン:みがわり ブルンゲル:しおふき みがわり壊れます
T4 ヒードラン:ラティオスへ交代 ブルンゲル:ハッサムへ交代
ハッサム-ラティオス対面
T5 ラティオス:カバルドンへ交代 ハッサム:ばかぢから カバルドンへちょいダメージ
ハッサム-カバルドン対面
T6 ハッサム:ブルンゲルへ交代 カバルドン:じしん ブルンゲル残りHP1/3ぐらい?
ブルンゲル-カバルドン対面
T7 ブルンゲル:シャドーボール カバルドン:じしん 砂ダメ込でブルンゲル瀕死→ハッサムへ
ハッサム-カバルドン対面
T8 ハッサム:バレットパンチ カバルドン:瀕死→ヒードランへ
ハッサム-ヒードラン対面
T9 ハッサム:バレットパンチ ヒードラン:みがわり
T10 ハッサム:バレットパンチ ヒードラン:だいもんじ ハッサム瀕死

正直何戦もフレンド対戦をしたことがあり、個人的にかなり苦手意識を持っている相手だったので、この試合は落とすものだと思ってリーグは戦っていました。
2ターン目のめざパ急所でガブリを一発で落とせたところがターニングポイントだったと思います。
急所に入らなかった場合確定で耐えられてしまうわけですが、その場合はカバルドンを後投げする予定でした。
カバルドンの選出については、ガブリアスに後投げするためだけに選出したので、ガブリアスが選出されなかった場合完全に腐る感じではありましたが、予想が当たってよかったとは思っています。
キノガッサが選出される可能性も大いに考えられたので、寝言ラティを選出。
ヒードランに関してはハッサム、キノガッサを意識しての選出でした。
5ターン目のラティからカバルドン交代で、相手ハッサムの馬鹿力を透かしていますが、あれは読んだわけでは全くなく、ガブリアスを落としている状況でカバルドンを残す意味もないと判断しての、捨てを考えての交代でした。もしあそこでヒードランを出して馬鹿力を食らうようなことがあったら苦しくなっていたと思います。
これで2勝2敗。カツ丼効果が出たのか?

対てっぺーさん ×
こちら:ブルンゲル ヒードラン カバルドン
相手:ニョロトノ キングドラ ナットレイ(カバルドン ウルガモス カイリュー)


ニョロトノ-ブルンゲル対面
T1 ニョロトノ:どくどく ブルンゲル:シャドーボール ニョロトノ脱出ボタンでナットレイへ交代
ナットレイ-ブルンゲル対面
T2 ブルンゲル:ヒードランへ交代 ナットレイ:キングドラへ交代
キングドラ-ヒードラン対面
T3 キングドラ:みがわり ヒードラン:ブルンゲルへ交代
キングドラ-ブルンゲル対面
T4 ブルンゲル:カバルドンへ交代 キングドラ:りゅうのはどう カバルドン残りHP90
キングドラ-カバルドン対面
T5 カバルドン:ブルンゲルへ交代 キングドラ:りゅうのはどう ブルンゲル残りHP69 珠ダメ砂ダメ累積でキングドラの残りHP黄色
キングドラ-ブルンゲル対面
T6 ブルンゲル:ヒードランへ交代 キングドラ:ハイドロポンプ ヒードラン瀕死→カバルドンへ
キングドラ-カバルドン対面
T7 キングドラ:りゅうのはどう カバルドン:瀕死→ブルンゲルへ
キングドラ-ブルンゲル対面
T8 キングドラ:りゅうのはどう ブルンゲル:瀕死

2連敗から持ち直し、勝ち越しを狙える1戦。5試合目にして初の雨パーティとの対戦。
相手のオーダーをみた限りでは、こちらのバンギラスが重そうであると判断。
キングドラ頭出しの選出の可能性は低いと判断し、残りのこちらの初手バンギラス選出に対応できそうなニョロトノ、カバルドンの先発を予想しての、こちら先発はブルンゲル。
こちらが選出しやすいバンギラス、ブルンゲル辺りを考えるとウルガモスの選出はしにくいだろうと考え、ウルガモスの選出はなしで考えています。
相手が頭にニョロトノを選出するのならば、後ろでラティオスを受けれるポケモンを選ぶであろうと考え、ナットレイの選出も濃厚。よってヒードランを後発に。
残り3体目は、こちらがラティバンギという組み合わせを選出しやすいだけに、キングドラではこないと考えました。実際にはバンギラスが刺さる選出をされていただけに、バンギラスを選出できなかったことを後悔。カバルドンを選出した理由としては、キングドラではなくカイリューの選出を読み、後投げが効くと考えたため。
キングドラの持ち物が珠であることがわかったので、なんとか砂を撒き、ドランブルンという組み合わせでうまく消費させていければと考えましたが、6ターン目に見事に読まれ完敗。
選出の段階でも読み負け、完敗した試合でした。

対なまはむさん ○
こちら:バンギラス ドリュウズ ブルンゲル
相手:ゾロアーク フワライド アバゴーラ(エルフーン ウルガモス ボルトロス)


ゾロアーク-バンギラス対面
T1 バンギラス:ブルンゲルへ交代 ゾロアーク:ナイトバースト ブルンゲル残りHP61
ゾロアーク-ブルンゲル対面
T2 ブルンゲル:バンギラスへ交代 ゾロアーク:ナイトバースト
ゾロアーク-バンギラス対面
T3 ゾロアーク:ローキック バンギラス:ストーンエッジ(外れ)
T4 ゾロアーク:ローキック バンギラス:瀕死→ドリュウズへ
ゾロアーク-ドリュウズ対面
T5 ドリュウズ:じしん ゾロアーク:瀕死→アバゴーラへ
アバゴーラ-ドリュウズ対面
T6 ドリュウズ:じしん アバゴーラがんじょう発動 アバゴーラ:からをやぶる
T7 アバゴーラ:アクアジェット ドリュウズタスキ発動 ドリュウズ:シザークロス アバゴーラ瀕死→フワライドへ
T8 相手降参

すでに3敗してしまっていたために、もう負けが許されない試合でした。正直気持ち的には、残りの試合を全部勝てるわけはないと考えていたので、トーナメントに残れるはずもなく、ある意味諦めがつき楽ではありましたw
バンギラスがストーンエッジをまたもや外してしまい、焦るシーンもありましたが、相手の立ち回りミスもありなんとか勝利。
ドリュウズを襷にしておいて良かったなとホッとしていました。
初手完全にアバゴーラと対面したと踏んでおり、ナイトバースト飛んできたときは一杯食わされた感じでした。
そのあと冷静に立ちまわれたところが評価点。

対このわたさん ○
こちら:バンギラス カバルドン ブルンゲル
相手:エルフーン フワライド ローブシン(パルシェン ウルガモス ガブリアス)


エルフーン-バンギラス対面
T1 エルフーン:ちょうはつ バンギラス:かみくだく(急所) エルフーン瀕死→ローブシンへ
ローブシン-バンギラス対面
T2 ローブシン:フワライドへ交代 バンギラス:かみくだく フワライド瀕死→ローブシンへ
ローブシン-バンギラス対面
T3 バンギラス:カバルドンへ交代 ローブシン:ビルドアップ
ローブシン-カバルドン対面
T4 カバルドン:じわれ(ヒット) ローブシン:瀕死

連敗続きできていたこのわたさん。そろそろ勝つのではないか、しかも順番的に僕が餌食に、なんてことを考えながらの一戦。初手のかみくだく急所が決め手。エッジ外しまくってたのでこれで少しは報われたw
2ターン目のかみくだくはフワライド交代を読んだわけではなくバンギラス捨てでの選択。
選出については、こちらのカババンギドリをみせていて、何が最後出てくるのかというところから逆算。
ウルガモスに関しては、ヒードラン、バンギラス、ドリュウズ辺りいることを考えるとバトン先としては選ばれにくい。
カババンギドリって組み合わせに強そうなパルシェン、ローブシン、ガブリアス辺りが候補になってきますが、パルシェンはブルンゲルやバンギラスの砂を考えると、残り2体より選出は薄そう。
結局エルフーン、フワライドにローブシンかガブリアスの選出をしてくると予想。
ローブシンなのかガブリアスなのかは特に絞らず、初手のバンギ-エルフン対面からかみくだく連打でガブリアスの後出しをさせにくくし、ローブシンに関しては出てきてからカバルドンなりブルンゲルなりを投げればいいと考えていました。
ローブシンにはカバルドン、ブルンゲル、ガブリアスには、カバルドンを後投げして対処するという戦法でした。

対みずなさん ○
こちら:バンギラス ドリュウズ ブルンゲル
相手:アグノム サクラビス ボルトロス(カイリュー ローブシン ウルガモス)


アグノム-バンギラス対面
T1 アグノム:ちょうはつ バンギラス:かみくだく アグノム瀕死→サクラビスへ
サクラビス-バンギラス対面
T2 サクラビス:からをやぶる しろいハーブ発動 バンギラス:かみくだく サクラビス残りHP赤
T3 サクラビス:ハイドロポンプ バンギラス:瀕死→ドリュウズへ
サクラビス-ドリュウズ対面
T4 ドリュウズ:じしん サクラビス:瀕死→ボルトロスへ
ボルトロス-ドリュウズ対面
T5 ドリュウズ:つるぎのまい ボルトロス:きあいだま ドリュウズHP赤で素耐え
T6 ドリュウズ:いわなだれ ボルトロス:瀕死

バンギラスの鉢巻、ドリュウズの襷が活きた試合であったと思っています。
選出に関しては、対このわたさん同様アンカーがどれでくるのかというところに焦点。
ウルガモスは完全に無視、個人的にはローブシン、カイリュー辺りが濃厚かと考えていて、ボルトロスが選出されたことに関しては予想外。
試合後にバンギドリ選出ではローブシンが重すぎないかとの指摘がありましたが、ローブシンが選出された際はブルンゲルのしおふきでなんとかする予定でした。
これでまさかの予選突破の線が見えてきました。

対Areaさん ○
こちら:ブルンゲル バンギラス ドリュウズ
相手:ボルトロス カバルドン ラティオス(ドリュウズ ヒードラン マンムー)


ボルトロス-ブルンゲル対面
T1 ブルンゲル:バンギラスへ交代 ボルトロス:10まんボルト
ボルトロス-バンギラス対面
T2 ボルトロス:カバルドンへ交代 バンギラス:かみくだく ゴツメダメージでバンギラス残りHP116
カバルドン-バンギラス対面
T3 バンギラス:ブルンゲルへ交代 カバルドン:なまける
カバルドン-ブルンゲル対面
T4 カバルドン:ボルトロスへ交代 ブルンゲル:しおふき ボルトロス瀕死→ラティオスへ
ラティオス-ブルンゲル対面
T5 ブルンゲル:ドリュウズへ交代 ラティオス;りゅうのはどう ドリュウズの残りHP約半分
ラティオス-ドリュウズ対面
T6 ラティオス:カバルドンへ交代 ドリュウズ:つるぎのまい
カバルドン-ドリュウズ対面
T7 ドリュウズ:じしん カバルドン:じしん ドリュウズ瀕死→ブルンゲルへ
カバルドン-ブルンゲル対面
T8 ブルンゲル:シャドーボール カバルドン:瀕死→ラティオスへ
ラティオス-ブルンゲル対面
T9 ラティオス:りゅうせいぐん ブルンゲル:瀕死→バンギラスへ
ラティオス-バンギラス対面
T10 ラティオス:りゅうせいぐん バンギラス:かみくだく ラティオス瀕死

試合前にトイレへ行き、部屋に戻ってくるとこの試合勝てば予選突破の可能性があるとの情報が耳に入る。
というのも、この時点でAreaさん7勝1敗、グレンさん6勝3敗、僕5勝3敗となっていて、Areaさんは一抜け確定。残りの2位枠争いで、グレンさんとの直接対決に僕が勝っていたために、この試合に勝ち6勝3敗とグレンさんに並ぶことができれば僕が2位で予選突破ができるという状況だった模様。
ここはあわよくば予選突破を、と欲が出てしまう場面。ただ、欲がないときの方が結果が良いことが多かったので、勝ちを意識しすぎず、とにかくミスなくやるということを意識して挑みました。
またもやマンムーがいて非常に選出がしづらかったです。マンムーを一番気をつけながら、選出を絞りすぎず、どれが出てきても対応できるようにというスタンスは変わらずに。
ブルンゲルが重そうなオーダーだったので、ボルトロス、ラティオス辺りは選出されると予想。
こちらのドリュウズ、相手ボルトロス、ラティオスを意識してこちらが選出しやすいバンギラスを考えると、相手はカバルドンを選びやすそうだということも予想。
残り3体目がどれでくるか絞りにくくはありましたが、ヒードランは出すメリットなしと考え除外。
確実に出てくるであろう相手カバルドンにブルンゲル、ラティオスボルトロスにバンギラスを当てるイメージで選出。
ボルトロスの気合玉を考えるとバンギラスだけでは不安であったため、ドリュウズを選出。
相手のドリュウズ選出を意識するのならカバルドン選出もありでしたが、一応最速襷ドリュウズを使っていたので最悪ドリュウズ同士対面でなんとかしようという狙い。
初手の相性こそ悪かったものの、眼鏡ブルンゲルということがバレずに、うまく使えたなという印象でした。

~しばし休憩~
まさかまさかの予選突破で若干テンション上がりましたが、いつ負けるのかと不安もあり。
緊張からか、糖分切れからかわかりませんが、予選最後2試合ぐらい手が痙攣し始めていたので、これはちょっと休憩しようと考え、Areaさんと近くのコンビニへ。
ここからトーナメントでさらに集中力が必要になってくると判断し、ミルクティーを購入。
ミルクティーはこっぽら優勝したときも飲んでたから、糖分補給の効果は実感済み。

決勝トーナメント一回戦 対ミスティオさん ○
こちら:バンギラス ヒードラン ブルンゲル
相手:ナットレイ ニョロトノ グライオン(バンギラス バシャーモ キングドラ)


ナットレイ-ブルンゲル対面
T1 ブルンゲル:ヒードランへ交代 ナットレイ:ニョロトノへ交代
ニョロトノ-ヒードラン対面
T2 ヒードラン:ブルンゲルへ交代 ニョロトノ:ねっとう
ニョロトノ-ブルンゲル対面
T3 ニョロトノ:どくどく ブルンゲル:シャドーボール(急所) ニョロトノ残りHP赤
T4 ニョロトノ:まもる ブルンゲル:シャドーボール
T5 ニョロトノ:ナットレイへ交代 ブルンゲル:シャドーボール
ナットレイ-ブルンゲル対面
T6 ブルンゲル:ヒードランへ交代 ナットレイ:ニョロトノへ交代
ニョロトノ-ヒードラン対面
T7 ヒードラン:みがわり ニョロトノ:ねっとう みがわり壊れる
T8 ヒードラン:ブルンゲルへ交代 ニョロトノ:ねっとう
ニョロトノ-ブルンゲル対面
T9 ブルンゲル:バンギラスへ交代 ニョロトノ:まもる
ニョロトノ-バンギラス対面
T10 ニョロトノ:まもる バンギラス:ストーンエッジ
T11 ニョロトノ:グライオンへ交代 バンギラス:ストーンエッジ
グライオン-バンギラス対面
T12 グライオン:まもる バンギラス:ストーンエッジ
T13 グライオン:みがわり バンギラス:ストーンエッジ
T14 バンギラス:ヒードランへ交代 グライオン:まもる
グライオン-ヒードラン対面
T15 グライオン:みがわり ヒードラン:めざめるパワー みがわり壊れる
T16 グライオン:ハサミギロチン ヒードラン:みがわり
T17 グライオン:まもる ヒードラン:めざめるパワー
T18 グライオン:みがわり ヒードラン:めざめるパワー みがわり壊れる
T19 グライオン:まもる ヒードラン:どくどく
T20 グライオン:みがわり ヒードラン:めざめるパワー みがわり壊れる
T21 グライオン:まもる ヒードラン:どくどく
T22 グライオン:みがわり ヒードラン:めざめるパワー みがわり壊れる
T23 グライオン:まもる ヒードラン:どくどく
T24 グライオン:ニョロトノへ交代 ヒードラン:めざめるパワー
ニョロトノ-ヒードラン対面
T25 ニョロトノ:まもる ヒードラン:どくどく
T26 ヒードラン:どくどく ニョロトノ:ねっとう みがわり壊れる
T27-T29 ヒードラン:みがわり ニョロトノ:ねっとう みがわり壊れる 繰り返し
T30 ヒードラン:みがわり ニョロトノ:ねっとう みがわり壊れる 毒ダメ蓄積でニョロトノ瀕死→グライオンへ
グライオン-ヒードラン対面
T31 グライオン:ハサミギロチン ヒードラン:めざめるパワー グライオン瀕死→ナットレイへ
ナットレイ-ヒードラン対面
T32 ヒードラン:みがわり ナットレイ:のろい
T33 ヒードラン:だいもんじ 天候雨のためギリ耐えられる ナットレイ:のろい
T34 ヒードラン:めざめるパワー ナットレイ:瀕死

受けループと雨の融合のようなパーティ。選出段階でかなり択になっていて苦しかったです。
3ターン目のニョロトノへの急所、相手グライオンが地震を切った構成をしていたことが幸いし、なんとか勝利。
全体としてバンギラスが重そうな構築である、カバルドンドリュウズブルンゲルラティオスをみせていてバシャーモは出しづらいと判断して、バンギラスに対してグライオンが出てきそうというところまでは判断。
するとブルンゲルが重くなってくると思ったので、ナットレイ辺りも選出濃厚。合わせてヒードランを選出。
グライオンの選出に関しては、ニョログドラという選出でもバンギラスの弱点をつけるので、どちらで出てくるかはわかりませんでした。
ヒードランに後投げできそうなのがニョログドラぐらいだったので、都合ニョロトノ、キングドラ、ナットレイ、グライオンのうちから3匹出てきそうと判断。
しかし、グライオンに対する認識が甘く、地震持ちグライオンだったらあっさり敗戦していました。
9ターン目に守る読みで無償降臨を狙いバンギラスをニョロトノに合わせていますが、ここで相手3体目がキングドラであることを祈っていましたが、グライオンが出てきて焦りました。
見事無限にはめられどうしようもなくなってしまったので、相手グライオンがヒードランより鈍足であることを願って、守るのタイミングでグライオンにヒードランを当てています。
ギロチンも交わしての本当に綱渡りな一戦でした。

決勝トーナメントクウォーターファイナル 対くりっぷさん ○
こちら:バンギラス ドリュウズ ブルンゲル
相手:ボルトロス アバゴーラ スイクン(ラティオス ハッサム ローブシン)


ボルトロス-バンギラス対面
T1 ボルトロス:きあいだま バンギラスミリ耐え バンギラス:おいうち ボルトロス残りHP約半分
T2 ボルトロス:めざめるパワー バンギラス:瀕死→ドリュウズへ
ボルトロス-ドリュウズ対面
T3 ボルトロス:ちょうはつ ドリュウズ:いわなだれ ボルトロス瀕死→スイクンへ
スイクン-ドリュウズ対面
T4 ドリュウズ:ブルンゲルへ交代 スイクン:なみのり
スイクン-ブルンゲル対面
T5 スイクン:ぜったいれいど(外れ) ブルンゲル:シャドーボール Dダウン発動
T6 スイクン:ぜったいれいど(外れ) ブルンゲル:シャドーボール スイクン瀕死→アバゴーラへ
アバゴーラ-ブルンゲル対面
T7 アバゴーラ:ストーンエッジ ジュエル発動 ブルンゲルミリ耐え ブルンゲル:シャドーボール 砂ダメでブルンゲル瀕死→ドリュウズへ
アバゴーラ-ドリュウズ対面
T8 アバゴーラ:アクアジェット(急所) ドリュウズタスキ発動 ドリュウズ:じしん アバゴーラ瀕死

準々決勝の対戦相手はブログるぶしーばりでも有名な、ヘルサイダーさんことくりっぷさん。
相手のオーダーをみたときにブルンゲルは出していくタイミングがありそうだと感じたのでブルンゲルの選出は確定。
残りをどうするか考えると、やはりボルトロス、ラティオスという存在が気になり、特に気合玉持ちのボルトロスに対して後出しの効くポケモンがいなかったことからバンギラスを先発に。
気合玉を打たれた際は外してもらうか、乱数耐えしてもらうかということを祈ることに。
ラティオス、ボルトロスという2体を同時選出されてしまうと、バンギラスをどちらか相手に消耗してしまえば、片方が受け切れなくなって敗戦ということも考えられたので、上から攻撃できるドリュウズも選出。
スイクン-ブルンゲル対面でのシャドボのDダウンが勝敗を分けたように思います。
アバゴーラにジュエルエッジを打たれたときは、やっちまった、ジュエルの存在忘れてた、なんて思いましたが、なんとかミリ耐えしてくれたので本当に助かりました。
ジュエル消費狙いでドリュウズ出してみるというのもありでしたが、アクジェが急所に入っているところをみると、その立ち回りでは負けていたようなので、結果オーライ。
苦しい試合が続きます。

決勝トーナメントセミファイナル 対Shiroさん ○
こちら:ブルンゲル バンギラス カバルドン
相手:カバルドン ラティオス ハッサム(ドリュウズ ソーナンス バシャーモ)


カバルドン-ブルンゲル対面
T1 カバルドン:ラティオスへ交代 ブルンゲル:しおふき 砂ダメ込でラティオス残りHP半分ぐらい
ラティオス-ブルンゲル対面
T2 ラティオス:カバルドンへ交代 ブルンゲル:バンギラスへ交代
カバルドン-バンギラス対面
T3 バンギラス:ブルンゲルへ交代 カバルドン:じしん
カバルドン-ブルンゲル対面
T4 ブルンゲル:ハイドロポンプ カバルドン:瀕死→ハッサムへ
ハッサム-ブルンゲル対面
T5 ハッサム:とんぼがえり ラティオスへ ブルンゲル:ハイドロポンプ(外れ)
ラティオス-ブルンゲル対面
T6 ラティオス:ハッサムへ交代 ブルンゲル:ハイドロポンプ ハッサム残りHP1/3ぐらい?
ハッサム-ブルンゲル対面
T7 ハッサム:はねやすめ ブルンゲル:ハイドロポンプ(外れ)
T8 ハッサム:はねやすめ ブルンゲル:ハイドロポンプ
T9 ブルンゲル:カバルドンへ交代 ハッサム:とんぼがえり ラティオスへ ゴツメダメがハッサムへ
ラティオス-カバルドン対面
T10 カバルドン:ブルンゲルへ交代 ラティオス:トリック 相手メガネとこちらメガネの交換 ブルンゲル砂ダメで瀕死→バンギラスへ
ラティオス-バンギラス対面
T11 ラティオス:なみのり バンギラス:ストーンエッジ ラティオス瀕死→ハッサムへ
ハッサム-バンギラス対面
T12 ハッサム:バレットパンチ バンギラスミリ耐え バンギラス:ストーンエッジ ハッサム瀕死

相手のオーダーはいわゆるヒエラルキーパの亜種?みたいな感じ。
ソーナンスが入っている点でユニークな感じ。
選出は割と考えやすく、選出のメリットのないバシャーモ、ソーナンスを省けただけでもかなり楽に選ぶことができました。
今回もまた眼鏡ブルンゲルが活躍しそうだったので、そこを一番に決めました。
ブルンゲルに強いラティオスを意識しバンギラスを選出、バンギラスに強い相手カバルドン、ドリュウズを意識しての地割れカバルドンを選出しておきました。
わりと今までドリュウズはドリュウズで処理するという方針でやってきましたが、ソーナンス、バシャーモを除く都合4体のうちカバルドンの選出が濃厚であると考えていたので、ドリュウズは選出しても腐るであろうと考え、カバルドンの選出を優先しました。
立ち回りに関しては、9ターン目で砂ダメで落ちる程のHPしか残っていなかったブルンゲルを交代させていますが、これは、ラティオス-カバルドン対面をつくられてしまった際に、こちらのバンギラスが眼鏡ラティオスの波乗りを2耐えできる調整をしていなかったために受け切ることができないので、ブルンゲルをクッションに挟み、ラティオス-バンギラス対面をしっかりつくれるようにとの意図での交代です。
試合前はしおふきとハイドロポンプと砂ダメでラティオスを落とす算段だったのですが、ハイドロポンプが外れてしまいひやっとする場面がありました。
ハッサム対面でも一度外しているので、そこで逆に割り切って考え、ハッサムはブルンゲルではなくて、カバルドンの地割れで処理するという方針に変えて立ち回っています。
ラティオスが邪魔になるので、ブルンゲルをうまく捨てて、ヨーイドンからバンギラスで処理していくことを考えていました。

決勝トーナメントファイナル 対はるひさん ○
こちら:ブルンゲル バンギラス ドリュウズ
相手:カバルドン ラティオス アバゴーラ(ソーナンス ウルガモス ドリュウズ)


カバルドン-ブルンゲル対面
T1 カバルドン:ラティオスへ交代 ブルンゲル:しおふき 砂ダメ込ラティオスの残りHP約半分
ラティオス-ブルンゲル対面
T2 ブルンゲル:バンギラスへ交代 ラティオス:りゅうのはどう
ラティオス-バンギラス対面
T3 ラティオス:おきみやげ バンギラス:おいうち(ターゲットなし) ラティオス瀕死→カバルドンへ
カバルドン-バンギラス対面
T4 バンギラス:ブルンゲルへ交代 カバルドン:ステルスロック
カバルドン-ブルンゲル対面
T5 ブルンゲル:しおふき カバルドン:瀕死→アバゴーラへ
アバゴーラ-ブルンゲル対面
T6 アバゴーラ:からをやぶる ブルンゲル:しおふき アバゴーラがんじょう発動
T7 ブルンゲル:バンギラスへ交代 アバゴーラ:ストーンエッジ ジュエル発動 バンギラス瀕死→ドリュウズへ
アバゴーラ-ドリュウズ対面
T8 ドリュウズ:ブルンゲルへ交代 アバゴーラ:アクアジェット ちょすいでブルンゲルHP少し回復
アバゴーラ-ブルンゲル対面
T9 アバゴーラ:ストーンエッジ(外れ) ブルンゲル:シャドーボール アバゴーラ瀕死

最後の対戦相手はシングル厨王者の経歴を持つはるひさん。
ネットの大会でも優勝しているところをよく目にしていたので、胸を借りるつもりで挑みました。
なんというか、今までの対戦相手とは風貌というかオーラが違ったような気がしました。
妙に落ち着いているというかなんというかwそれだけ試合慣れしてるってことではあると思いますが。
対Shiroさんのオーダーと似ていたので、ウルガモスソーナンスの選出は切っての、都合残り4体から3体選出というふうに考えての選出。
アバゴーラが気になりましたが、この時はまだ破りエッジをブルンゲルで止められると考えていたのでブルンゲル投げればいいやとか考えてました。
襷ドリュウズを選出し保険をかけつつ、ラティオス処理用にバンギラスを選出。
最後のターンにストーンエッジを避けて運勝ち。というのも試合後にダメージ計算したところHP満タンの状態でもブルンゲルは破りストーンエッジを受けれなかったようなので、完全に運で勝ってしまいました。
実質はラティオスのおきみやげの後にカバルドンを出され、ステルスロックを撒かれた時点で試合終了のはずでした。
ただアクアジェットを打たせ貯水を利用する等やれることはやったつもりではあったので、エッジが当たって準優勝だったとしても悔いはなかったと思います。
アクアジェットを貯水で透かした場面は、アバゴーラの破りエッジでブルンゲルが落とせる以上、そこで危険な択に出る必要はなかったというのが相手方の考えではあると思いますが。


以上が全試合対戦ログです。みにくい感じになってしまいましたが、解説のところと併せて雰囲気だけでもつかんでもらえればと思います。
相手の顔をみながらの対戦会というのは初めてだったので、楽しかったです。なるほどオフの対戦会はこういう感じなんだなーと。
気になったのは試合中のいろんな人の態度だとか。静かに対戦している人もいれば、相手と楽しく話しながらやっている人もいました。対戦の仕方とかは個人の勝手で、楽しくやれればそれが一番だとは思いますが、礼儀というか、相手を敬う気持ちに欠けている人がちらほらいたように感じたことも事実でした。
技外して負けたり、自分のミスで負けたりすることもありますが、そのおかげで相手は勝てたみたいな事を話しているのがちょこちょこ聞こえてきて、悲しくなりました。
そういう自分の納得のできない部分があったとしても、相手が勝ったことをまず称えるというか、まずはおめでとうと言ってやるぐらいの度量は持っておきたいなあと感じたのが一番の感想です。
そういう意味では、僕自身運勝ちの部分が多く、それでも運負けしてしまったなと感じる試合もありましたが、試合後は勝っても負けてもお互いすっきり終われるように挨拶はするように意識していました。

主催者のちびすけさん、対戦して頂いた13人の皆様。ありがとうございました。
スポンサーサイト

 | HOME |  »

■ プロフィール

さくら

Author:さくら
趣味は読書とポケモン。一応ニコニコ動画で生放送やってます。

是非コメントしてってください!

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

■ カウンター

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。