Make a detour

寄り道できる余裕を。大学生活とポケモンをちょこちょこと。

  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日記】就職活動を終えて

先日、11月6日午後に、かなり遅い時期にはなってしまいましたが、志望していた企業から内定のお電話を頂き、無事就職活動を終えることができました。
約11カ月にも及ぶ長期戦、これまでの人生で、大学受験以上に非生産的だったと思われるイベントについて、このまま忘れてしまうのはもったいないと考え、振り返ってみることにします。

2011年12月 2013卒新卒採用活動スタート。世の中にどういう業界、企業があり、どんな仕事があるかもわからなかったので、とりあえず出れる説明会に参加してみることに。この時期は合同企業説明会が多かった。

2012年1月 合同企業説明会に加え、各企業毎の説明会、下旬からは早い企業ではエントリーシートの募集が始まる。大学のテストと重なり、エントリーシートと合わせて結構忙しかった。

2012年2月 本格的に個別の企業説明会、エントリーシート受け付けが始まる。春休みで大学も休みになったので、片っ端から説明会参加、空いた時間にエントリーシート書きまくって適当に出しまくる。この時期は商学部だしなんとなく、銀行、證券、生保損保といった金融機関、どうしたら問題解決できるかということを考えることが好きだったので、なんとなくコンサルを中心に説明会まわってた。

2012年3月 2月に引き続き説明会をほぼ毎日まわりまくる。書かなきゃいけないエントリーシートの量が半端ない。とあるメーカーの説明会になんとなく参加したところ、その企業がめちゃくちゃいい会社にみえた。自分の中で同じ営業でも、金融とメーカーの営業ならメーカーの営業の方が合っているかもと思い始める。

2012年4月 上旬が面接ラッシュ。金融から始まり、メーカー、コンサルと続く。なんか商社も広告も受けてたから正直どっかひっかかってくれればいいという感じw そんな適当さが伝わったか、選考全然進まない。

2012年5月 とある証券会社からなんとか一つ内定もらう。ただ、この時点ではもう金融の営業はやりたくないと思ってたので、内定承諾せず。4月に出しきれていなかったメーカー、商社を中心にエントリーシートを出す。

2012年6月 とある食品メーカーの選考が進み、最終面接へ。ただ、企業理念を覚えていなかったり、なんか圧迫面接っぽい感じで落とされる。この時期に最後の砦だったからとにかく絶望。就留を考え始める。

2012年7月 大学のテスト。就活については忘れることに。現実逃避。

2012年8月 今までOB訪問というものはしてこなかったが、企業側にこちらの本気度を示すためにもOB訪問はした方がいいとようやく考え、とある企業に初めてOB訪問する。大学の就職課でOBOG名簿をみて手紙を書いてアポとった。この時期は就職課にも求人が全然きてなかったので、面接は一つもなし。

2012年9月 8月にOB訪問した企業の選考始まる。書類選考、一次面接はいい感じに突破し、これは遂にスーツを脱げるかと期待するも、二次面接であっさり落とされる。春よりも狭き門とはいえ、OB訪問もして本気度が高かっただけにかなり落ち込んだ。も一つお菓子メーカーの秋採用も受けるが、同じく一次面接を突破するも二次面接で敗退。

2012年10月 それまではCMをやっているような超大手に絞って受けてくるも、さすがにこのままではNEETコースだと気付き、大学の求人票やリクナビでメーカー、商社に絞って検索。いくつかピックアップし、エントリーシート作成、説明会に参加。メーカー、商社に絞ったのは、金融のような新規開拓が少なく、安定してそうだから。就活生も知らないような企業だけど、堅実な仕事をしてそう?な企業、福利厚生のしっかりしている企業がいくつかみつかり、春採用から受けておけば良かったと少し後悔する。

2012年11月 10月から選考が始まった企業のうち、商社2社、メーカー1社が最終選考まで進む。うち商社1社は最終面接に出てきたハゲ親父がまじ糞で落ちる。メーカーは、仕事内容、福利厚生、人柄とどれをとっても他の商社2社よりも志望度が高く、絶対通りたいという意気込みで最終選考へ。君は本当に働く気があるのかという旨のキツイ質問等もあったが、面接を受けた日に電話がきて内定をもらい、遂に約11ヶ月に及ぶ戦いが終わる。残りの商社1社の最終選考は辞退、というか、すっぽかしw(すいません)


就活が終わって、大変だったけどやっておいてよかった、自分が成長したとか言う人がいるけど、僕は全くそんなことは思いませんでした。自分のことを落としてきた会社は正直全部潰れればいいと思うし、就活なんて非生産的で本当に無駄だったと思う。やらなくて済むならやらないに越したことはない。ただ、やらなきゃ来年からNEETになるわけだし、やらざるをえなかったから、嫌々やったわけです。
就活生としては、出来の悪い学生だったわけではありますが、こうやって11月に決まるパターンもあるという例にはなったと思います。
最後ある程度面接でも手応えを得ることができるようになったと思っています。コツとしては、話の内容に具体性を持たせることだったかなと思います。
話し方や雰囲気、確かにかなり大事だと思います。同じような学生二人いたら、イケメンが通りますし、可愛いくそビッチが選ばれるわけです。
話の内容に具体性を持たせることはそんなに難しいことではないと思います。”例えば”で始めて、どうしてそういう行動をとったのか、どうしてそう思ったのかを話せばいいと思います。


来年、再来年就活をするポケ勢は多いと思います。そんな人たちの参考になれば、この記事にも意味があることでしょう。
ろくに、授業にも出ず、サークルもやらない。でもニコ生とかポケモンばっかりやってた、そんな人でも続ければちゃんと就職できますよ。

それでは。
スポンサーサイト

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://specialone08.blog19.fc2.com/tb.php/56-9d05e3b1

まとめ【【日記】就職活動を終】

先日、11月6日午後に、かなり遅い時期にはなってしまいましたが、志望していた企業から内定のお電話を

 | HOME | 

■ プロフィール

さくら

Author:さくら
趣味は読書とポケモン。一応ニコニコ動画で生放送やってます。

是非コメントしてってください!

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

■ カウンター

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。